日本人の配偶者等ビザは、日本人の一定の家族を受け入れるために認められる在留資格です。

国際結婚した場合、日本で一緒に暮らすためには配偶者ビザが必要です。配偶者ビザは一般に下記の2つがあります。

  1. 日本人の配偶者等ビザ
    日本人と外国人が結婚した場合
  2. 永住者の配偶者等ビザ
    永住者(特別永住者の方を含む)と外国人が結婚した場合

本邦に在留中に行うことのできる活動の範囲に制限はありません。

日本人の配偶者等ビザの在留期間は、5年、3年、1年又は6月です。

配偶者ビザのポイント

配偶者ビザの手続きは、立証・証明資料をそろえる責任は当然ながら申請者側にありますので、ご自身で手続きをすると思いのほか難しく、書類不備や説明不足で不許可になるケースがよくあります。
海外からの外国人配偶者呼び寄せは、偽装結婚の増加に伴って審査の厳しさを増しており、不許可になりやすいので行政書士や弁護士等の専門家のサポートを受けられたほうが賢明かと思われます。

不許可になりやすく専門家のサポートを受けた方が良い場合

  • 夫または妻(日本人)の収入が低い場合(アルバイト・フリーター・無職など)
  • 離婚歴が複数(多数)ある場合
  • 夫婦の年齢差が大きい場合
  • 結婚紹介所等のお見合いによる結婚の場合
  • 出会いが、スナック、キャバクラや出会い系サイトの場合
  • 交際期間が短い
  • 結婚式を行っていない場合や、交際歴を証明できる写真等がない場合

関連コラム

技能実習から日本人の配偶者等への変更

日本人の配偶者ビザの手続き

留学ビザから日本人の配偶者等への変更

配偶者ビザ申請 夫婦の同居の必要性

日本人と離婚したら、ビザはどうなるか?(離婚定住について)

日本人の配偶者ビザ申請時に聞かれること

国際結婚ビザ