「就労ビザ」は正式な名称ではありません。外国人が日本で働くために取得しなければならない「在留資格」の事を一般的に就労ビザと呼びます。

就労可能な在留資格としては

外交、公用、教授、芸術、宗教、報道、高度専門職(1号、2号)、経営・管理、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術・人文知識・国際業務、企業内転勤、介護、興行、技能、特定技能(1号、2号)、技能実習(1号、2号、3号)、特定活動、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者

など全部で24種類あります。
ただ、24種類があるといっても、ほとんどが

  1. 技術・人文知識・国際業務
  2. 技能または特定技能
  3. 企業内転勤
  4. 経営管理
  5. インターンシップ(特定活動・その他)

の5種類の在留資格の中のいずれかに該当するケースがほとんどです。

「技術・人文知識・国際業務」ビザ

営業や貿易などの事務職、通訳や翻訳、語学教師等、デザイナー、SEなどのコンピュータ関連の仕事や、電機や機械エンジニアの仕事などが当てはまります。

詳しく見る
「技能」ビザ

外国料理の調理師・料理人、スポーツ指導者、航空機のパイロット、貴金属等の加工職人等が該当します。中でも最も多いのが、各国の専門料理店に勤務する外国人調理師です。

詳しく見る
「企業内転勤」ビザ

人事異動により外国の事業所から日本の事業所に転勤する専門技術者等を受け入れるために設けられた在留資格です。業務は「技術・人文知識・国際業務」の活動内容で仕事ができます。

詳しく見る
「経営・管理」ビザ

日本で会社を設立し、社長になるには「経営管理ビザ」を取得しなければなりません。社長(代表取締役)以外にも取締役、部長、支店長、工場長等の事業の経営・管理に関する業務を行う外国人も取得しなければなりません。

詳しく見る
「特定活動」ビザ

特定活動には法務省によって明確に記されている特定活動(告示特定活動)と、明確にされていない特定活動(告示外特定活動)があります。外国人が就労活動を行うことができるか否かは指定される活動内容によって決まる在留資格です。

詳しく見る

関連コラム

高度専門職1号と2号の違いと優遇措置

技能ビザ(タイ料理人)

留学生が就労ビザを取得するために必要な書類

経営管理ビザの資本金について

就労ビザ 企業のカテゴリー

就労ビザで3年の在留許可をもらうには

短期滞在から就労ビザへの変更

身分系の在留資格を持つ外国人の採用

技能実習から日本人の配偶者等への変更

企業内転勤ビザ 転勤の考え方