企業内転勤ビザは、企業活動の国際的展開に対応し、人事異動により外国の事業所から日本の事業所に転勤する専門技術者等を受け入れるために設けられた在留資格です。業務は「技術・人文知識・国際業務」の活動内容で仕事ができます。

企業内転勤ビザの在留期間は、5年、3年、1年又は3月です。

企業内転勤ビザの要件

  1. 申請に係る転勤の直前に外国にある本店、支店その他の事業所において1年以上継続して「技術・人文知識・国際業務」の項に掲げる業務に従事していること。
  2. 日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。

上記1.と2.両方の要件を満たす必要があります。

本店と支店間の異動

本社(本店)から支社(支店、営業所)または支店から本店への異動が「企業内転勤ビザ」の対象となります。

親会社と子会社間の異動

会社の意思決定機関を支配している会社を親会社といいます。支配されている会社が「子会社」です。孫会社もその親会社の子会社とみなされます。これらの間の異動も「企業内転勤ビザ」の対象となります。

子会社間の異動

子会社の間の異動についても、「企業内転勤」の対象とされます。孫会社の間の異動、子会社と孫会社の間の異動についても企業内転勤ビザの対象となります。

企業内転勤ビザのポイント

大卒の要件はありませんが、単純労働は認められません。日本での勤務が一定期間に限られていることが必要です。また、経営又は管理に従事する場合には、「経営・管理ビザ」になります。

関連コラム

企業内転勤ビザ 転勤の考え方